面接のテクニックをマスターして
希望する企業に就職ししましょう

就職や転職の内定通知の結果は面接にあり!

面接で採用の成否が決まると言っても過言ではありません

企業が応募者に課する課題は
職務経歴書と面接です

職務経歴書は自宅や転職エージェントの添削を受けて修正済の
模範的な経歴書を送付すれば済むことですが

面接はリアルタイムで本人対企業の採用担当者という構成であり
おまけに企業サイドは数人
応募者は1人という心細い体制で実施されます

初めから人数で負けていますが
主役は応募者であり
進行次第では和やかな成功体験で語られることも多い
なんとなく気重な面談は避けて内定合格はありません

そうはいっても面談は唐突な質問ばかりされることもなく
企業にとって必要な応募所の情報を得るための面接ですから
あらすじというか
面接のストーリーはある程度予測できるので
十分な対策をすれば
問題なく通過できるのです

面接結果は採用か否かですが
その判断基準は
あなたが企業にとって役立つ人か?
採用したくなる人は
業績を上げる可能性が高い人
会社に貢献できる人

つまりなら採用したくなる良い人材なら合格
必要でない人は不合格と
答えは簡単なのです

面接対策

したがって
面接対策は
自分のスキルや経験と仕事への熱意ある取り組み姿勢
そして一番のポイントは入社後、活躍してくれる人材かどうか?
という採用担当者の基準に適した対策ができるかにかかっているのです

志望動機

志望動機が問われることが多いのです

具体的な企業研究から得た採用後に配属されるであろう分野と
自分が持ち合わせるスキルと関連したやりたい仕事で成果を上げれる貢献内容を説明する必要があります
単に人気商品がある御社だから・・・
一度そんな仕事をしてみたいと思いまして・・・
など具体性のない夢物語を語るだけでは面談失格となります

自己PR

経験や持ち合わせているスキル・強みだけに訴えても説得力にはなりません
具体的に何をどうしてどうなったか?
例えば学生時代に体育会系クラブ主将だったのでリーダーシップは発揮できます
アルバイトを4年間通じて○○についての強みがあります
店長代行のリーダーまでアルバイトでしていたので人をまとめる技を身に付けました
など具体得例を簡単見まとめる

定番の質問対策

予想質問問答は外れることが多いですが
最低限必要なポイントは押さえておきましょう
面談で緊張すると
普段と違って言葉が出にくいことのあるので
練習による自身とレベルアップが望まれます

採用担当の質問は必ずしも高感度な質問だけではありません
人格を見極めるのが採用担当の仕事ですから
わざと答えにくい質問や
性格判断するために意地の悪い質問を投げかけることもあります
あくまで応募者の立場と姿勢をわきまえた
冷静でキレの良い対応が望まれます