フリーター 就活に最適な就職活動ってなに?
フリーター 就活 就職 転職とは、フリーターを辞め正社員に就職することです

    では何のためにフリーターを辞めるの?

  • 収入が低いから
  • 信用が蓄積されないから
  • 勤務時間が不規則
  • 収入も勤務日も時間もすべた不安定
  • 自由を満喫した
  • フリーターで社会を知ってから就職する計画であった
  • フリーターが好き
  • 彼女も・僕も・友達もフリーター~みんな辞めたから

盆と正月に親からいい加減に就職しろ!と言われた方も意外と多いフリーター

新卒直後のフリーターは、いい人間関係に囲まれ
楽しい毎日を送れたが、そのうち皆フリーターを卒業して
最後に取り残されたフリーターは気が付けば自分一人

この時点がターニングポイントでしょう

正社員目指してフリーターから就活へ入るか?


就職shop


若者正社員チャレンジ

働くのをやめて親の扶養でニート生活を選ぶか?
もっとも近頃は純粋のニートに交じって
バイトや派遣で一時的に収入を得ているニートも増えています
フリーターとニートの境界が多様化しているのでしょう

悪いことに既卒がニートになる頃には
親もニート状態だから働かざるを得ない事情も背景にあるようです

ニートとフリーターが大きく違う点は
フリーターは就業日数と時間が、ニートと比べて圧倒的に多いことです

ココに大きな秘密が隠されているのです

フリーターは社会適合性があり
職種や職務経験も多いので業種業態の良しあし

こんな会社はダメ!という
独自の判断基準が経験則として備わっているケースが多い

ココにニートとフリーターとの就職における有利さの大きな差があると言えます

フリーターはその気になれば就職しても
成功する確率は高い

自分に最適な業種や職種、それに企業風土まで直感的に感じ取れるからです

これは能力の差ではなく
バイト経験という貴重な感性が臭覚を養ってきた成果でしょう

フリーターの最適な就活とは?

フリーターは社会適応性があり
行動力もあるので、
自分で転職先の企業情報を全部集めようとします

会社員の転職のケースでは
勤務しながら転職活動をしたくてもする時間がないので
転職専門エージェント登録をします

情報収取や就職活動を丸投げ状態で
本人は自分のスキルや業務経験の
棚卸に専念するパターンが最適方法と言えます

フリーターの就職活動は
正社員で勤務している会社員と比較しても
自由にできる時間が存在します

ところが
フリーター一人で情報収集するにも限界があることを知り

  • 就職という社会経験がない!
  • 本当に就職できる会社が見つかるのか?

という独自の社会的視点から、
正社員就職になる手続きに億劫になってしまうのです